セットリストで振り返る「THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~」2日目

THE IDOLM@STER SideM のライブへ行ってまいりましたー!(2日目)

2日目は会場へ!ライブ前には、フラワースタンドを一通り見て気分を盛り上げます。会場に入り、思ったよりも席が前でビビりました。
あ、これ肉眼で見える…と。

2日目を一言で言うなら「混乱してよく覚えてない」です。

ちなみにBeitPやりながら、次郎ちゃんと硲先生を推し、最近玄武がきになる青にまみれたPです。

担当がいるので、贔屓目に見ても文字数多くなると思いますが、お許し下さい。

1日目の感想はここをクリック

■Brilliant Side(2日目) セットリスト

1 Beyond The Dream 全員

全員が揃うのは分かっていたので、担当ユニットを探しました。生で視界にBeitがいました…!位置はもう覚えてないけどいました!
衣装もやっぱり新しくなってるーーー!!ほんと皆青似合う。そして、S.E.Mも変わってるー!LVでは余裕で切り替えられたペンライトですが、無理でした。同じ空間にいると想うと必死度合いが違うことを一曲目から実感しました。

2 スマイル・エンゲージ Beit (梅原裕一郎, 堀江瞬, 高塚智人)

開幕MCが終わり、さてさて始まるねー、誰かなーとか思いながら気持ちのんびりしてました。確かイントロが違ってて、バックのスクリーンに城が出てきて、聞き慣れたイントロが。
いきなりか!!!!嘘だ??!!!色々準備が追いつかねー!!!!!
スクリーンを見るべきか、肉眼で見るべきか。この時点で周りは目に入ってないです。(ペンラ邪魔にならないようにしないとな、くらい)。
身に染み付いたコール(でも初)と、ペンラを振り、みのりさんのためにお花咲かせなくちゃと片方ピンクに切り替えてスタンバイし、と脳内めちゃくちゃ忙しかったです。でも、めちゃくちゃ楽しかったです。

3 Cafe Parade! Cafe Parade (狩野翔, 天﨑滉平, 古川慎, 児玉卓也, 小林大紀)

城にいたと思ったらカフェにいたよ。

生でダンスが見たかったユニットです。でもあまり記憶がないです。ただただ、多幸感あふれる楽しい空間でした。
カフェパレの「そのままの自分でいいんだよ」というメッセージ性のある歌は、気持ちを強くしてくれます。仲が良いのが伝わってくるパフォーマンスでした。

4 うぇるかむ・はぴきらパーク! もふもふえん (矢野奨吾, 古畑恵介, 村瀬歩)

個人的に、曲の感じが一番アイマスっぽいと思っています。765ALLSTARSが歌ってても違和感無い曲調。
舞台上には成人男性が3人なのに、歌声が可愛すぎて混乱します。CDで聞いてたときも混乱しましたが、生で見るとさらに現実感が薄れます。が、ステージ上にもふもふえんが見えます。間違いなくいましたね。なかなか無い錯覚が見えました。

そして、衣装がかわいいんですよ。しっぽがついてて。でも可愛すぎないという、絶妙のバランス。

5 VICTORY BELIEVER W (山谷祥生, 菊池勇成)

ファスライBDで予習済みとはいえ、楽しすぎてコールをところどころ忘れました。山谷さん、菊池さんはラジオを経てより双子みが増したきがします。
ここまでハモる曲は、他ユニでもあまり無い…はずですがさすが双子ユニットでした。CDでも大分聞き分けられるようになってきました。キャラクターそのままの表情で歌い踊る姿が印象的で、ペンラ2本使ってVサインできて満足。

6 DRAMATIC NONFICTION DRAMATIC STARS (仲村宗悟, 内田雄馬, 八代拓)

ずっと生で聞きたかったよー!セトリ見返すと、初日とは曲順も違うことに今気づきました。声とダンスと会場の熱気が凄かったです。
2日目ということもあり、初日よりもリミッター外れてたような気がします。どちらかと言えば、スクリーンよりも本人たちを見ていたので、細かい表情までは読み取れていませんが、すごく良かったです…!

7 強く尊き獣たち THE 虎牙道 (寺島惇太, 小松昌平, 濱野大輝)

虎牙道のダンスを楽しみにしていました。ですが、前の方に隠れてあまり見えなかったのです。それでも、歌が!圧がすごい!ああでもやっぱり、大地を蹴り上げる振りを肉眼で見たかったです…。この曲で、ドラノンで凝縮されたボルテージが、一気に拡散しましたね。衣装もかっこよかったです。黒基調なのはシンプルですが良いですねー。

8 ∞ Possibilities S.E.M (伊東健人, 榎木淳弥, 中島ヨシキ)

イントロ流れた瞬間からのスキのないコール。Pの瞬発力を実感しました。一気に会場がピンク色一色に。伊東さんはメガネもかけていて、ファスライ以上に硲せんせいでした…。中島さんも、次郎ちゃんだったし、榎木さんもまいたるだったしで、S.E.Mがそこにいましたよね。小物のレーザー銃もあって、おお!となったのは覚えています。必死だったことも覚えていますが、それ以外の記憶は曖昧です。

■ソロ曲コーナー

9 約束はドリーミングフライト 八代拓

ドラノンのときの大人っぽさはどこへ行ったのか。デレマスで言うところのCu(キュート)属性でしかない柏木翼がフライトしてました。八代さん演じる翼の、キャラクターとしての振り幅デカすぎていい意味で混乱します。でもどれも翼なんだよなぁ。恐ろしい子…。

10 フェイバリットに踊らせて 小林大紀

小林くんが可愛い女の子にしか見えないという、魔法にかけられた一曲。バックダンサーとのやり取り(可愛い女の子をデートに誘おうとしてくる男性2人がでてくる)に違和感がない。全員男ということを忘れるほどの咲ちゃんっぷり。バックダンサーが先生役の2人だったのは、何か意図があるのかないのかw

11 Piece Montee 天﨑滉平

歌を間違うというアクシデントがあったものの、そこはPとして頑張る姿を応援するのみです。卵2個わっちゃったのは、バックダンサーが双子だからだよ、という同僚の感想に「なるほどな!」となってしまいましたw
この歌は、東雲さんのアイドル力がぎゅっと詰まったステキな曲で、聞いていて心地いいです。I’m so free!という765曲があるのですが、それに似てふんわりオシャレ。

12 我が混沌のサバト・マリアージュ 古川慎

CDで初めて聞いたときの感想は「ズルい」でした。だってこれもう、ライブで聞けたら楽しい以外無いじゃん…っていう。

自分の位置からは、古川さんがあまり見えなくて残念だったのですが、バックダンサーの矢野さんのキレのあるダンスに目を奪われながら聞いていました。
古川さんの肩にサタンが乗ってて、だからこそのこの歌声か!と納得。畳み掛けてくる声量に圧倒されました。あと最近ゲヘナ語が解読出来るようになってきました。初級レベルですが。

13 GOLD ~No.79~ 中島ヨシキ

次郎ちゃんがいたんすよ。後ろには色気しかないダンサーもいたんすよ。なんかいろいろすごかった。桃色の空間だった。中島さんの表情がほんとに次郎ちゃん。あんまり見えなかった(位置的に)から、なんとか正気を保っていられた気がする。

14 Flying Hawk 梅原裕一郎

一瞬歌詞が飛んだのですが、そのあたりあんまり覚えてないです。CDよりも、熱い気持ちがこもっていて、恭二がいるよー!ってなってました。
聞いている最中は、担当の姿を焼き付けようと必死だった気がしますがやっぱり覚えてないです。梅原さんの歌声は、独特でクセになります。

■ユニット曲再開♪

15 カレイド TOURHYTHM W (山谷祥生, 菊池勇成), Jupiter (松岡禎丞)

Jupiter揃ってないから歌わないのかと思ってたのですが、イントロ来て嬉しくなりました。また、歌前にキャラ名を呼ぶ部分も変更無しで、その場には居ないメンバーもまるで一緒に歌っているかのような感覚に。実際に歌っているのが、翔太・悠介・享介という声高めのキャラだったので、脳内がとても可愛いことになってました。かわいい。

16 エウレカダイアリー Beit (梅原裕一郎, 堀江瞬, 高塚智人), S.E.M (伊東健人, 榎木淳弥, 中島ヨシキ)

ああああああああ!!(嬉しすぎて言葉を失う)

2日目で一番聞きたかった曲です。振りがついてる…!衣装チェンジしてる…!皆いる…!担当のBeitと次いでスキなS.E.Mが皆同じステージの上にいる…!で、なんだかもうよく覚えていません。
はじめの振りが思っていたより可愛いくて謎な感じで、Cメロは変わってかっこいい感じ(だった気がする)。釘付けってこういうことを言うんだなと、今思い返すと実感します。

17 もっふ・いんざぼっくす♪ もふもふえん (矢野奨吾, 古畑恵介, 村瀬歩)

CDになかったコールがあり、ライブ感ましましでしたね!再び歌声と視覚映像のギャップに脳内が混乱しますが、コールが楽しかったです。3人共盛り上げ上手というか、古畑さんが曲中はキャラのまんまはつらつとしていて、煽る煽る。衣装チェンジしてもしっぽは健在。しっぽ好き。

18 Study Equal Magic! S.E.M (伊東健人, 榎木淳弥, 中島ヨシキ)

もふもふえんのときに演出として置かれた大きなプレゼントの中から登場。S.E.Mさすが。チャイムの音で察したとはいえ、この曲。
もふもふえんのときは、桜色に近いピンクのペンラを振るのですが、一気にどピンク色に会場が染まります(ユニットカラーなので)。この曲は、出だしすぐにコールを入れる場所があるのですが、Pは予習済みなので外しません。そのままボルテージは急上昇です。ファスライを見て、一度は生でやりたかったたけのこダンス。夢が叶いましたよ。

19 A La Carte FREEDOM♪ Cafe Parade (狩野翔, 天﨑滉平, 古川慎, 児玉卓也, 小林大紀)

キャラクター同士の掛け合いが楽しい曲ですねー。カフェパレの空気感は、カフェパレにしか出せないですね。自由で優しくてマイペース。楽しんでいるのが伝わってきて、安心感があります。5人ユニットが一同に並ぶ姿は、とても幸せに満ちていました。そっちは南ー!が言えて満足です。

20 Pleasure Forever… W (山谷祥生, 菊池勇成)

二日目のトロッコ枠。見えなかったので、ステージのモニターを見てましたが前の人と向かい合う形にw
どうやらスピードも早く、不安定な足場だったようですね。背中合わせで立ち上がる振りがあるのですが、それは最後の曲中にやってくれていました。歌詞が飛んでしまったとき、山谷さん悔しいだろうなぁと思ったのですが、次のライブでリベンジですね!

21 Fun! Fun! Festa! Beit (梅原裕一郎, 堀江瞬, 高塚智人)

浮かれろテンション!!!

この曲のコールを入れるために参戦したと言っても過言ではないです。成功率は8割でしたので、リベンジしたいです。よく見るとカエールも一緒で、Beit揃ったー!と思いました。あとは、黒服さんが舞台袖から見守る演出があれば完璧ですね。
フェスタとタイトルにあるように、会場もお祭り騒ぎです。振り付けも可愛かったですねー。ふんどしのくだりでは、梅原さんが演技とは真逆のコマネチポーズ。思わず笑ってしまう他メンバー。そのせいでちょっとトチってたのが面白かったですw
割りと近距離で梅原さんが歌って踊ってたのですが、なんというか、ライブっていいなって。今更ながらに同じ空間に居るのが不思議でした。

22 サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday S.E.M (伊東健人, 榎木淳弥, 中島ヨシキ)

お気に入りのユニットが続き、情報の処理が追いつかなかったサマホリ。この曲のダンスも歌も楽しみにしてたのです。殆ど覚えてないですけど。
ユニット曲で、恋だの愛だのを歌っている唯一の曲。キャラ年齢高めのS.E.Mだからこそ歌えるナンバーですよね。後半、榎木さんが近くに。シリアスまいたるみあふれる榎木さん。イケメン。

23 MOON NIGHTのせいにして DRAMATIC STARS (仲村宗悟, 内田雄馬, 八代拓)

浮かれたテンションを波音で鎮めたと思ったらこの曲。なんだこのセトリ。殺す気か!楽しすぎて死にそうです。
UOが上手く折れなかったのが心残り。1日目にも聞いてるからと侮っていました。やっぱりムンナイ超楽しい。あと、どこでアピってくるのか知ってるので期待感もやばい。なんだろうなこの色気。見ちゃいけないもの見せられてる感覚になります。

24 情熱…FIGHTER THE 虎牙道 (寺島惇太, 小松昌平, 濱野大輝)

浮かれた横っ面を殴られるようなイントロ。ペンラ振りながらクラップ!しつつのコール!楽しいー!
虎牙道の生パフォーマンスは、1日目神速とはまた違った男臭さがあります。各自のソロで、キャラカラーペンラを掲げるのを楽しみにしてました!道流だけ失敗してしまい、申し訳ないです…。
肉眼でダンスを抑えようと頑張りましたが無残に敗れたので、全身の入った映像をマルチアングルでください…。ケンカ(もちろん演出)が始まったときは、虎牙道そのまんまに見えました。

25 想いはETERNITY Beit (梅原裕一郎, 堀江瞬, 高塚智人)

ああああああ。記憶が…ガチで記憶がないです。人は楽しくても記憶がなくなるんだなぁ。そしてBeitは青かった。
ただ、なんとなくファスライよりも緊張が抜けていた3人を覚えています。

26 LEADING YOUR DREAM W (山谷祥生, 菊池勇成)

Beitからの記憶喪失が続いていて、あまり覚えてないです。振り付けがパラパラで、曲にぴったりだったのと、山谷さんが近くまで来てた気がするのと。
この曲も、ダンスを楽しみにしていました。菊池さんが笑顔だと、なんだかこっちも嬉しくなる不思議。765の仁子ちゃんに抱く感情とにてる。

27 STARLIGHT CELEBRATE! DRAMATIC STARS (仲村宗悟, 内田雄馬, 八代拓)

1日目の最初の曲が、2日目の最後の曲。ドラスタはやはりど真ん中で、しっかりとSideMを支えてくれていますね。演出で、ドラスタ3人が描いた星がスクリーンで輝いていて胸が熱くなりました。そして、あれだけPを翻弄しつづけた八代さんの泣きそうな顔にもらい泣きしそうに。

28 DRIVE A LIVE 全員

この曲を聞くと、ライブの始まりと終わりを感じてちょっと切ない気持ちになります。
そして、全ユニットの公式ペンラを買わなくてはいけない気持ちにもなります…。全部持ってサイコー!って言いたいです。

どのユニットも最高でした。贔屓のユニットや曲というはもちろんありますが、それぞれにストーリーがあって、それを演者の皆さんが全力で実現させてくれるのが目の前のステージの上。
その姿を見て、より好きになるユニットや新たに応援したくなるユニットが生まれて、どんどん繋がって、気がつくと作品まるごと好きになるんです。

■サプライズ発表

アイマスファンおなじみ、projectアイマスのロゴがスクリーンに。ロゴ見たときに「へ?」と思いました。据え置き機でゲーム出るん?って。
そしたらまさかのアニメ化の発表。自分でもどんな言葉を発したか覚えてませんが、うおおおお!ってなったのは覚えてます。

29 Beyond The Dream(アンコール) 全員

アニメ化の発表のあとでもう一度全員が揃う。没入感といいますが、ただただ目に焼き付けたかったので、ペンラの色を切り替えることは忘れてました。
この曲も、DRIVE A LIVEのように歌い継がれるなかでコールがかたまり、よりPとアイドルの一体感を楽しめる曲に成長していくのかと想うと、大きな楽しみが増えました!

 

2日連続でアイマス尽くしな時間を過ごせて本当に楽しかったです。春先からはツアーが始まりますね!現地参戦は仕事の関係で無理そうなのですが、LVがあったら映画館へ足を運びます。といいつつも、僅かな願いをかけて先行予約はしていますw当たるかなぁ…。

いつか全員が揃って1つのステージの上に立つ姿が見れますように…!

 

アニメ化が決定し、新しいアプリゲームの開発も発表され、SideMはますます大きなコンテンツになっていくことでしょう。ゲーム、CD,漫画と入り口も多くあります。気になるところから、一度触れてみるのはいかがでしょうか(勧誘)。

モリモリメガネ副部長

投稿者プロフィール

沖縄在住80年代生まれ。
アニメは一気見する派。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-2-19

    ゆるキャン△ | 1話 | ふじさんとカレーめん

    出典:http://yurucamp.jp/story/episode01.php © あfろ・芳…
  2. 2018-2-6

    からかい上手の高木さん | 1話 | 消しゴム・日直・変顔・百円

    出典:http://takagi3.me/story/story01.php © 2018 山本崇…
  3. 2018-2-4

    カードキャプターさくら クリアカード編 | 1話 | さくらと透明なカード

    出典:http://ccsakura-official.com/anime/index5.html#…
  4. 2018-1-30

    恋は雨上がりのように | 1話 | 雨音

    出典:http://news.noitamina.tv/after-the-rain/article…
  5. 2018-2-23

    宇宙よりも遠い場所 | 1話 | 青春しゃくまんえん

    出典:http://yorimoi.com/story/?ep=1 ©YORIMOI PARTNE…
  6. 2018-3-4

    りゅうおうのおしごと! | 1話 | 押しかけ弟子

    出典:http://www.ryuoh-anime.com/story/index.html#01 …
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。